Twitterの補助資料

Twitter:amamiyareido

ぼくとネトゲの昔話_2

前回のあらすじ。

ゆりちゃんと出会った。

---

初めての対戦から1週間が経った。

その時ぼくは…

普通にオフゲーをしていた。

オセロとか別にそんな目新しいものでもなく、オフゲーのほうが面白いと思ったからだ。

が、オフゲーにも飽きは来ていて、何のゲームをやろうか?と思った時、ふとゆりちゃんとの会話事を思い出した。

そう、またね!といって別れたのである。

再度対戦できるのだろうか?と思い、早速ログイン。

人が多いロビーに入って、メンバーをチェック。

…、居なかった。

まぁそんなもんだろう。せっかくPCをつけたんだし、何度か対戦しよう。

案の定、誰かの部屋に入るのは憚られていたので、自分で部屋を建てて対戦をしていた。

そろそろ飽きたしやめようか…?と思っていると、

 

ゆり☆彡が入室しました。

 

3度見くらいしたよね。

 

ゆりちゃん「久しぶり!全然ログインしてなかったよね?待ってたのに!」

ぼく「ごめんなさい」

ゆりちゃん「いいよいいよ!早速対戦しよ!」

 

というわけで対戦した。

結果は全然覚えてないけど多分負けてる。

今考えると、ただのランクポイント稼ぎだったのでは?と思わなくもなくもない。

 

対戦が終わった後

ゆりちゃん「お疲れ様~そうだ、雑談しようよ!」

…、雑談?何故?オセロじゃなくて?よくわからないけど、悲しいかな女性と話す機会なんてリアルじゃそうなかったし、脳がチ*コに支配されていたぼくはもちろん快諾した。

雑談内容は…これも覚えてない。けど本当に雑談だったと思う。

雑談に花を咲かせていると、

 

***が入室しました。

 

***「ゆりちゃん!久しぶり!何してるの?」

ゆりちゃん「***さん!今ね、(ぼく)さんと雑談してたw***さんもどう?」

***「いいね!」

 

というわけで3人で雑談していた。

 

何時間か経った。

驚いたことに、雑談し始めた以降、1回もオセロで対戦しなかった。

永遠と雑談していた。

でも、オセロで対戦するより面白かった。

 

次の日、ぼくは似たような時間にログインしていた。

もちろん、ゆりちゃんと雑談するためである。

 

こうして、ぼくはネットゲームにおける、雑談の楽しさを知ったのだった…

 

つづ・・・く?

広告を非表示にする